アロマ・オーガニック・ハンドメイドで暮らしを豊かに☆

保冷剤を捨てるには?東京の捨て方からNG法、アロマ消臭剤まで!

アイスやケーキを買ったときにつけてもらう「保冷剤」。

気づけばおうちにたくさん溜まっている…という方も多いのでは?

夏はクーラーボックスを冷やすのに使ったり、タオルに巻いてアイスノン代わりに使ったりと活用する機会が増えますが、それでも冷凍庫を整理するために捨てたいときもありますよね。

そんなとき、ふと思いませんか?
「保冷剤って、燃えるゴミ?それとも燃えないゴミ…?」

実は、保冷剤は地域によって捨て方が異なります。あなたは正しく保冷剤を捨てることができていますか?知っておきたい保冷剤の捨て方についてご紹介します。

 

Sponsored Link

 

保冷剤の中身は?

保冷剤の中身は、高吸収性ポリマー1%と、水99%で構成されています。高吸収性ポリマーとは、自分の重さの100倍~1000倍もの量の水を吸収することができる高分子製品。紙おむつや生理用ナプキンによく用いられます。

高吸収性ポリマーは、触るだけでは害はありませんが、エチレングリコールという有害物質も含まれているので、誤飲には十分注意したいところ。また、その吸水性の高さから、誤って飲んでしまうと体内の水分を吸収してしまうので、とても危険です。

 

保冷剤の正しい捨て方

一般的に、保冷剤は「可燃ゴミ」として捨てることができます。しかし、地域によっては「不燃ゴミ」で捨てる必要があるところも。ご自身の住んでいる自治体のルールを、きちんと確認するようにしましょう。

◆これはダメ! NGの捨て方

水道やトイレに流すのは絶対やめましょう。高吸水性ポリマーが水を吸収して、つまりの原因となります。

◆東京で保冷剤を捨てるには?

【可燃ゴミ】

東京23区
武蔵野市・三鷹市・昭島市・府中市・多摩市・
小金井市・小平市・調布市・狛江市・東村山市・
国立市・立川市・八王子市・町田市・日野市・
福生市・青梅市・あきる野市・稲城市・東大和市・
瑞穂町・羽村市・昭島市・日の出町・奥多摩町

【不燃ゴミ】

清瀬市・国分寺市・西東京市・東久留米市

 

Sponsored Link

 

アロマ消臭剤として再活用も◎

捨てる前に、もう少し活用したい!という方には、アロマ消臭剤でお部屋を彩りませんか?吸水ポリマーには消臭効果があり、アロマを加えることで、オリジナルの消臭剤に☆

作り方はとってもかんたん!保冷剤の中身を器に移して、お好みのエッセンシャルオイルをかけるだけ保冷剤1個に対して精油10滴が目安です。1週間ほどで保冷剤の水分が蒸発していきますが、水を少し足すことでジェルのプルプル感が復活。香りが弱くなってきたら、精油を足しましょう。

☆玄関に
 オレンジスイート・グレープフルーツ・ラベンダー

☆キッチン・お手洗いに
 レモン・ペパーミント・ローズマリー

☆リビング・寝室に
 ラベンダー・ゼラニウム・イランイラン

ジャムの空き瓶にリボンをかけたり、おしゃれな容器を使えば、いい香りのするかわいいインテリアにもなりますよ^^

 

保冷剤を正しく捨てよう

基本的には可燃ゴミの保冷剤ですが、お住いの自治体のルールをご確認くださいね。捨てる前にも消臭剤として活用できるので、かわいくデコレーションしてインテリアとして楽しむのもおすすめです☆

 

Sponsored Link

関連記事

☆Profile☆

桃と紅茶を愛する momo。
ミニチュアダックスフンドと一緒に暮らしています^^

アロマやオーガニック、ハンドメイドなどで、
おうちや暮らしを豊かにするのが好きです☆

気になる話題のお店なども含めて、
毎日をもっとHAPPYにできる情報を楽しくお届けします☆