アロマ・オーガニック・ハンドメイドで暮らしを豊かに☆

スイカの美容効果は皮まですごい!むくみ・美肌に効くスムージーレシピも☆

夏の風物詩・スイカ。

甘くてみずみずしいスイカには、美容成分がたっぷり!その高い美容効果は、『食べる美容液』と言われるほど。

スイカは90%が水分といわれており、水分補給や夏バテ防止にも効果的ですが、残りの10%には美容にも健康にもいい成分が含まれています。その成分を知れば、スイカがもっと好きに、もっと食べたくなりますよ^^

スイカの驚くべき美容成分からおすすめのスムージーレシピまでご紹介します。

 

Sponsored Link

 

『食べる美容液』スイカの美容成分とは?

1. リコピン

赤い色素で有名な「リコピン」は、抗酸化力が非常に高く、アンチエイジングの強い味方。トマトに含まれていることで有名ですが、スイカにはトマトの1.4倍のリコピンが含まれています。体脂肪を燃焼する作用もあるので、美肌にもダイエットにも効果的。

2. カリウム

体内の余分な塩分を排出し水分バランスを整える「カリウム」は、むくみ対策にピッタリ。熱中症対策や夏バテ防止にも役立ちます。

3. シトルリン

スイカ以外の野菜や果物にはほとんど含まれていない「シトルリン」こそ、スイカの特別な美容成分。アミノ酸の一種であるシトルリンは、血管を若返らせて血流を改善するだけでなく、デトックス効果にもすぐれており、冷え性やむくみの改善に効果的。

また、抗酸化作用コラーゲンの分解を抑制する作用もあるので、肌の保湿や紫外線対策にも◎いろんな美容成分を複合させたようなスーパー美容成分と言えるでしょう。

4. システイン

美白に効くといわれる「システイン」はアミノ酸の一種。ビタミンCが酸化したり壊れるのを止めて、シミ・そばかすを防いでくれます。

5. β-カロテン

緑黄色野菜でおなじみの「β-カロテン」は、スイカにも豊富に含まれており、肌の老化やがん予防に効果的です。

 

Sponsored Link

 

皮はもっとすごい!

こんなにもたくさんの美容成分が含まれているスイカですが、実は果肉よりも「皮」の方が、美容効果が高いと言われています。

それは、スイカのスーパー美容成分「シトルリン」が、果肉より皮の方に2倍も多く含まれているから。

しかも、皮もかんたんな調理でおいしく食べることができます☆今まで捨てていた皮もおいしく味わって、美肌を手に入れましょう^^

◆スイカの皮のつけもの

スイカの皮は、緑の部分は包丁でむきましょう。お好みの厚さにスライスして、塩でもんだら冷蔵庫で1日ほど寝かせて完成。赤い果肉の部分を少し残しておくと、見た目もキレイで涼しげですよ☆

◆スイカの皮のスムージー

緑の皮は取り除いて、白い部分を薄くスライスしたら、水(50cc)とハチミツ(お好みで)と一緒にミキサーにかけて出来上がり。スイカの皮は、大玉なら1/4個分、小玉なら1/2個分が目安です。

また、ミックスジュースを作るとき、一緒にミキサーにかけるのもおすすめです。

 

Sponsored Link

 

スイカのスムージーレシピ

そのままでもおいしいスイカですが、ちょっと飽きてしまうこともありますよね。そんなときにおすすめなのがお手軽スムージー。他の食べ方も楽しみたいときにぜひお試しください☆

◆スイカのシャーベットスムージー

冷凍庫で凍らせたスイカと、冷蔵庫で保存しておいたスイカを1:1の割合でミキサーにかけて出来上がり。シャリシャリ感がクセになるシャーベット感覚のひんやりスムージー。

◆栄養満点!スイカとバナナのヨーグルトスムージー

スイカ・バナナ・ヨーグルトを2:1:1の割合でミキサーにかけて完成。フルーツの甘みが十分あるので、ヨーグルトは無糖でOK。食欲のないときの朝食にもピッタリです。

☆ちなみに、スムージーにするときは、種も一緒にミキサーにかけるのがおすすめ。スイカの種にはオレイン酸・ビタミンE・鉄・亜鉛など栄養たっぷり。良質な油が摂れるので、適量をミキサーで砕きましょう。

 

スイカでむくみ知らず&美肌に

スーパー美容成分を含んだスイカは、美容にも健康にも欠かせない夏のスーパーフード。暑さや夏バテで食欲が落ちてしまうときにもおすすめです。スイカでもっとピカピカの美肌を手に入れましょう^^

 

Sponsored Link

関連記事

☆Profile☆

桃と紅茶を愛する momo。
ミニチュアダックスフンドと一緒に暮らしています^^

アロマやオーガニック、ハンドメイドなどで、
おうちや暮らしを豊かにするのが好きです☆

気になる話題のお店なども含めて、
毎日をもっとHAPPYにできる情報を楽しくお届けします☆