アロマ・オーガニック・ハンドメイドで暮らしを豊かに☆

お月見2017年大阪のイベント&関西の夜景スポットおすすめ10選!

2017年の中秋の名月は10月4日(水)

大阪をはじめ京都や神戸には、お月見を楽しめるイベントや素敵な夜景スポットがたくさん!平安時代を感じさせる伝統的なお月見を楽しむもよし、360度パノラマビューでロマンチックなお月見デートを楽しむもよし。大阪でおすすめのイベント&スポットをご紹介します!

 

Sponsored Link

 

1. 住吉大社『観月祭』

住吉大社で行われる「観月祭」は、関西のお月見イベントの中でも最も趣があるといわれており、伝統的な雰囲気を味わいたい方にピッタリ。第一本宮にて祭祀が執り行われた後、境内の反橋で和歌の朗詠や雅楽の奉納など、一連のお月見行事が楽しめます。

住吉大社の名所でもある赤い欄干の反橋の上には、月見団子や秋の七草がお供えされ、雅楽の生演奏にあわせて子どもたちによる住吉踊の奉納が行われるなど風情たっぷり。ライトアップされた橋も幻想的で、橋の向こうに広がる夜空に浮かぶ満月が、あなたを非日常的な空間へと誘います。

参道には屋台も出てにぎわうので、食べ歩きを楽しみながらキレイなお月様を眺めることもできますよ。何度行ってもまた行きたくなるお月見イベントとして人気です。

◆住吉大社「観月祭」

日程:2017年10月4日(水)
時間:18:00~20:30
料金:無料

 

2. 大阪天満宮『秋思祭』

菅原道真が太宰府で「宮中の中秋の宴」を偲んだという故事にちなんで、毎年中秋日には各地の天満宮で季節のイベントが行われています。大阪天満宮での「秋思祭」は、平安時代にタイムスリップしたかのような情緒たっぷりのお月見イベントで、毎年多くの方が訪れています。

夕方から行われる奉納行事では、境内の灯篭に灯りがともされ、秋の七草の献花や鈴虫が入った虫かごの奉納、献香、献茶などが厳かな雰囲気の中執り行われます。また、境内には篝火(かがりび)が焚かれ、雅楽や神楽舞が奉納される様子はとても幻想的で、「秋思祭」の見どころのひとつとなっています。

また、別室では立礼式の茶席も設けられているので、お抹茶とともにお月見団子を楽しめます。情緒たっぷりの雰囲気の中、美しい月を眺めながらお茶を味わえるなんて贅沢ですね。

◆大阪天満宮「秋思祭」

日程:2017年10月4日
時間:18:00~ ※18時に閉門されるので注意しましょう
料金:無料

 

Sponsored Link

 

3. あべのハルカス『ハルカス展望台』

日本一の超高層ビル「あべのハルカス」。何にも遮られることのない地上300mから見渡せる夜景はまさに絶景!大阪の街を見下ろしながら、空に浮かぶお月様を眺めてみてはいかがでしょうか?地上58階・素敵な夜景が楽しめるカフェダイニングバー「SKY GARDEN 300」に立ち寄るのもおすすめです。

◆あべのハルカス「ハルカス300」

時間:9:00~22:00
料金・詳細はこちら

 

4. 梅田スカイビル『空中庭園展望台』

梅田の夜景を一望できる『梅田スカイビル空中庭園展望台』。全国的にも珍しいオープンテラスの展望台は、夜景を感じながら夜景を楽しむことができ、お月見にもピッタリ。屋上の一角には、世界に一つのハート形の鍵「Heart Lock」をとりつけられる「誓いのフェンス」が。ロマンチックな気分でデートはいかがですか?

◆梅田スカイビル「空中庭園展望台」

営業時間:9:30~22:30
定休日:月曜日
料金・詳細はこちら

 

5. コスモタワー『大阪府咲洲庁舎展望台』

大阪ベイエリアのランドマーク「コスモタワー」の『大阪府咲洲庁舎展望台』も、おすすめのお月見スポット。360度パノラマビューで楽しめる中秋の名月は感動的な美しさです。展望台西側にはボックスシートもあるので、ゆったりとお月見デートを楽しむこともできますよ。

◆コスモタワー『大阪府咲洲庁舎展望台』

営業時間:11:00~22:00
定休日:月曜日
料金・詳細はこちら

☆中秋の名月は晴れる?気になるお月見のお天気はこちら

2017年お月見の東京・大阪の天気は?満月になる?中秋の名月の由来も

 

Sponsored Link

 

6. 京都渡月橋『嵐響夜舟』

情緒的な雰囲気漂う京都の「渡月橋」では、ムードたっぷりにお月見を楽しむことができます。嵐山の観光名所でもある渡月橋は、平安時代の亀山上皇が「くまなき月の渡るに似たり」と歌を詠んだことから名付けられたとか。

おすすめは、屋形船に揺られて月夜を楽しめる嵐響夜舟(らんきょうやふね)」。川辺で行われる楽器の生演奏を楽しみながら、空だけでなく、川面に映る月も愛でて、平安時代の貴族になった気分で楽しめる贅沢なクルージングです。フードやドリンクも楽しめて500円と、とってもお得!

嵐響夜舟は、いろんな星空の楽しみ方を集めた複合イベント「宙(そら)フェス」と同時に開催されます。2017年の宙フェスは10月8日(日)に開催が決定していますが、嵐響夜舟の詳細はまだ発表されていません。2016年は10月10日(日)に宙フェスが開催され、嵐響夜舟は10月9日(土)・10日(日)の17:30~19:30に運行されたので、おそらく今年は10月7日(土)・8日(日)に運行されるのではないでしょうか。詳しい情報が発表され次第、またお伝えしますね。

◆宙フェスの詳細はこちら

 

7. 四条大橋

京都を代表する繁華街「四条大橋」。ファッションビルや百貨店が立ち並ぶ一方で、南座や祇園、八坂神社など歴史ある観光スポットも密集しており、京都を味わうのに最適なエリア。四条大橋を渡るだけでなく、鴨川河川に腰かけてのんびり月を眺めるのもおすすめです。

◆四条大橋アクセス
阪急河原町駅下車 徒歩4分

 

Sponsored Link

 

8. 摩耶山掬星台

日本三大夜景のひとつに数えられる「摩耶山掬星台」は、標高約700mの高さから、神戸1000万ドルの夜景を望める絶景スポット。星座が描かれた遊歩道「摩耶★きらきら小径」は、夜間は歩道全体が青色の光で浮かび上がり、なんともロマンチック。

“手で掬(すく)える”ほどの夜景が広がっていることからその名がついた摩耶山掬星台で、中秋の名月もあなたの手に掬ってみませんか。

◆摩耶山掬星台アクセス
阪急六甲駅から阪急バス「摩耶山上バス停」下車すぐ
阪急三宮駅から神戸市バス18系統で「摩耶ケーブル下」下車、摩耶ビューライン夢散歩(ケーブル・ロープウエイ)で「山上駅」下車

 

9. 神戸ポートタワー

神戸港のシンボル「ポートタワー」の展望室からは、360度のパノラマで神戸の街を見下ろすことができ、お月見にも最適なスポット。約20分で一周する「回転ラウンジ」でカクテルを楽しみながらお月見を眺めるのもおすすめです。

◆神戸ポートタワーアクセス
阪急三宮駅から徒歩18分

料金・詳細はこちら

 

10. 六甲山天覧台

摩耶山掬星台に次ぐ素晴らしい夜景を楽しめる「六甲山天覧台」は、アクセスの良さでも人気です。展望台と駐車場は終日開放されているため、遅い時間でも夜景鑑賞ができるのも魅力。少し肌寒いときには、車の中からお月見を楽しむのもよいでしょう。

◆六甲山展覧台アクセス
阪急六甲駅から神戸市バス16系統で「六甲ケーブル下」下車、六甲ケーブルで「六甲山上」下車

 

大阪のお月見イベント&夜景スポットへ!

関西には、お月見を楽しめるイベントや夜景スポットがたくさん!キレイな月を眺めながら、大切な人と素敵な時間を過ごしてくださいね^^

 

Sponsored Link

関連記事

☆Profile☆

桃と紅茶を愛する momo。
ミニチュアダックスフンドと一緒に暮らしています^^

アロマやオーガニック、ハンドメイドなどで、
おうちや暮らしを豊かにするのが好きです☆

気になる話題のお店なども含めて、
毎日をもっとHAPPYにできる情報を楽しくお届けします☆